「魚市場」ってどんなところ?


 
 みなさんが思い抱いている市場は、大阪の黒門市場、徳島市の中州中央市場などのような、一般消費者にも販売されている商店街の名称、中央卸売市場に隣接している仲買人の店鋪街です。
 ここで紹介するのは、前文で説明した「市場(いちば)」ではなく「卸売市場(おろしうりしじょう)」のことです。じゃぁ「卸売市場(おろしうりしじょう)」ってなに?というと一般消費者に販売される店舗や市場(いちば)で取扱われている商品を゛セリ″(競売)などで販売されている所、つまり
「プロのためのプロの市場(いちば)」のことを指します。
 卸売市場には、中央卸売市場地方卸売市場の二つがあります。業務自体は全く同じですが、これらは市場開設を認可している機関によって違っています。具体的には、中央卸売市場は農林水産大臣の委託認可、地方卸売市場は都道府県知事の委託認可を受け業務を行っています。
 これらは卸売市場法という法律で厳しく定められています。もちろん法律ですから、かなり細々とした規定があります。とにかく
「公正かつ安定した価格の設定をしなければならない」という前提が主の規定だと御理解下さい。
 卸売市場がなぜあまり知られてないかと言うと、先に述べたとおり
「プロ(仲買人・売参人)のための市場」であり、一般消費者が買えないし入場が制限されてる(各卸売市場開設者の許可を受けなければならない)という閉鎖的な一面があります。
 しかし、仲買人・売参人(小売りの魚屋さん等)同伴であれば゛セリ″で買うこともできます。もし馴染みの魚屋さん(仲買人・売参人の許可を持っていることが条件)がいるのなら相談してみて下さい。



Top Page


市場って?


お魚の流通経路


会社概要


今月の厳選素材


君が欲しい!


お魚掲示板!


ちょっと通販


隠れ釣情報


リンク